二日酔いを予防

薬以外で血圧を下げる方法なら、専門家がプログラムしたメニューをご覧ください。

公式ページはコチラ公式ページはコチラ公式ページはコチラ

お酒を飲む前に肝臓を予防する2つの方法を徹底紹介

●悪酔いしたり二日酔い!お酒が弱くなった。
●飲み過ぎると翌朝起きるのがキツイ
●いつまでもアルコールが抜けなくて一日ムカムカする。
●肝臓が疲れてヤバイ!などお悩みの方へ!

 

 

お酒を飲むと二日酔いする

 

飲み会や接待が多い人!お酒を飲む機会が多い人は、肝機能の低下が心配ですよね?若い時は連チャンで飲んでも平気だったのに歳をとるとアルコールの抜けも悪くなってきます。そろそろ肝臓がヤバイかも?なんて不安を抱えていませんか?

 

 

肝機能の低下に注意

 

お酒を飲むと体内に入ったアルコールは、胃や腸で吸収され血液で肝臓まで運ばれ、肝臓で水と炭酸ガスに分解されて体外に排出されます。ですから肝臓が疲れてくるとアルコールを分解する力が低下して、二日酔い・悪酔い・朝の辛さなど疲れやすくなったり、いつまでも二日酔いが抜けない状況が続きます。

 

しかし、最も怖いのは肝臓の働きが悪くなるほどダメージを受けることです。肝臓は人間が生きてゆくために大切な3つの働きをしています。

 

 ◆代謝・・・食べ物から摂った栄養分をブドウ糖・タンパク質・中性脂肪などに変換する代謝
 ◆解毒・・・体内に入った有害物質を分解して無毒化する解毒作用
 ◆胆汁・・・食べ物の脂肪の消化吸収をサポートしたり肝臓で処理された老廃物を排出

 

このように生きるために欠かせない役割を担っているのが肝臓です。ですから、お酒の飲み過ぎで肝臓をやられると正常な生活ができなくなってしまいます。もちろんアルコールなど飲めなくなってしまいます。

 

 

栄養ドリンクも効かなくなった!

 

飲んだ翌朝がきつく、いつまでも二日酔いが続くようになり、お酒を飲む前に「ウコン」入りの栄養ドリンクを飲むようになりました。1本300円もするので高いと感じながらも肝臓を大切にしなければ・・・という思いが強かったのです。

 

しかし長く飲み続けていると慣れてしまいます。お酒を飲む前に「ウコン」飲んで、さらに飲み終わって「ウコン」を飲む!そこまでして毎晩のように接待や飲み会に参加していました。でも・・・ほとんど改善されずに疲れが溜まってゆくばかりです。

 

 

肝臓を守る2つの考え方!

 

そんな時に先輩から肝臓を守る2つの方法を聞きました。毎晩のように接待が続き、γ-GTPなど肝臓の数値が高く悩んでいた先輩が、今は正常値になり、お酒を飲んでも絶好調というのですから驚いたのは言うまでもありません。その方法とは以下の2つです。

 

 ◆肝臓を強くするためにオルニチンを摂取する!
 ◆肝臓の負担を減らして無駄な負荷をかけない!

 

最初は意味が分らず理解できなかったのですが、私のようにお酒を飲むときだけ「ウコン」をとっても意味がなく、普段から肝臓を強くするように心がけてこそ、肝臓を守ることにつながると聞いて妙に納得してしまいました。

 

 

.オルニチンが肝臓の働きを助ける!

 

肝臓は体内で発生するアンモニアなど有害物質を尿素に分解して排泄していますが、その活動に必要な成分が「オルニチン」です。これをオルニチン回路(サイクル)といい肝臓の活動には必要不可欠な成分です。オルニチンは食事で摂取する必要がありますが現代人の食生活では不足しがちです。

 

 

しじみに多く含まれるオルニチンを摂取すると肝臓の働きを助けるので肝臓を守ることになります。ですから、お酒を飲むこととは関係なく毎日オルニチンを食べることが肝臓を元気にする基本なのだそうです。

 

でも「しじみ」を毎日食べるのは大変ですから、先輩はサプリメントを上手く活用しています。

 

オルニチンを摂取するようになって、しばらくすると・・・確かに疲れにくくなったような気がしました。それというのも飲んだ翌朝スッキリと目覚めるようになり、以前のようにアルコールが抜けなくて胸がムカムカすることが無くなったからです。

 

肝臓の負担を軽減するもう一つのアイテム♪

もしかして・・・オルニチンのおかげ?と思ったのですが、同時に行っている「もう一つの方法」も貢献しているのかな?と思っています。その方法とは、肝臓の負担を減らすためにお酒を飲む前にだけ飲んでいるAfterLuck(アフターラック)というサプリメントです。

 

このサプリの凄いところは、アルコールを直接分解して肝臓に送られるアルコールを減らすところです。本来なら肝臓が行うアルコールの分解をAfterLuckというサプリが直接アルコールを分解してくれるので、お酒を飲んでも肝臓の負担が少ないというメリットがあります。

 

AfterLuckの酢酸菌アセトバクター菌が、アルコールを分解するアルコール脱水素酵素と二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素を産生します。だから、お酒を飲む30分前に一包飲むだけで、飲んだアルコールを分解してくれるので肝臓の負担が軽減されるのです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?まずは肝臓を元気にするためにオルニチンを摂取する。そして、お酒を飲む時は、肝臓の負担を減らすために「アルコール」を直接分解するアフターラックを飲む!この2段方式で、大切な肝臓を守りながら・・・お酒を飲むのです。

 

お酒を飲む回数や量を減らして肝臓に負担を掛けないのが一番の方法ですが、それでも飲まないとならない人は、この方法を試してみてくださいね。参考になれば何よりです。でわ!今日も頑張って飲みましょう♪