減塩生活を続ける秘訣

薬以外で血圧を下げる方法なら、専門家がプログラムしたメニューをご覧ください。

公式ページはコチラ公式ページはコチラ公式ページはコチラ

減塩の食事は意外と難しい

高血圧の食事の基本が塩分制限と言うのは常識ですが、1日6グラムの塩分制限は意外と厳しいものです。さらに栄養バランスを整えるために1日30品目の食材を食べる事がプラスされます。こりゃ買い物も大変ですし、いちいち調理しても食べる量を間違えると簡単に塩分オーバーになってしまいます。

 

まして外食をする時が本当に大変!先日のことですがファミレスに行った時にメニューにカロリーと塩分が表示されていました。どのメニューを見ても最低550kcalはありますし、塩分に関しては約4グラムが最低です。この間なんか野菜たっぷりチャンポンを頼んだら塩分が11グラムもあり1食で2日分の塩分を摂ってしまいました。

 

こうなると減塩生活は困難を極めます。何を食べらた良いか分からなくなってしまうのです。

食べて良い物と食べてはいけない食べ物

高血圧は食べ過ぎと偏食も制限されます。とにかく1日30品目をバランスよく食べて偏った栄養にならないようにしなければなりません。さらに食べなければならない食べ物と食べてはいけない食べ物があるのです。

 

食べなければならない食べ物とは

毎日必ず食べなければならない食べ物があります。それは五大栄養素といわれるものです。炭水化物、ミネラル、タンパク質、脂質、ビタミンです。それぞれの栄養素には1日に必要とされる量があって、食事で摂取するのが理想とされています。しかし実際に食べたものをチェックすると全く栄養素が不足していることが分かりました。

 

食べてはならない食べ物とは

ところが食べちゃいけない食べ物もあるんです。五大栄養素の中の脂質とは、調理用の油や肉の脂肪、牛乳やバターなどですが、どれでも良い訳じゃありません。必要な脂質はオメガ3と言われる栄養素です。食べちゃいけないのは動物性の脂やマーガリンやバターです。もう何が何だか分かりません。

高血圧に良い食べ物ってなんだ?

何を食べたら良いのか分からなくなり妻に相談するとネットで調べてくれました。

 

すると食べ物だけじゃなく飲み物や調味料にも気をつけないといけないことが分かりました。

 

僕の知識じゃ減塩生活は不可能と判断して妻にゆだねることにしました。そうです一切外食をしないことにしました。

 

妻が参考にしているのは、高血圧に良い飲み物・食べ物・成分というサイトです。

 

とても便利なので皆さんも活用してくださいね。