高血圧の原因

薬以外で血圧を下げる方法なら、専門家がプログラムしたメニューをご覧ください。

公式ページはコチラ公式ページはコチラ公式ページはコチラ

血圧が高くなる仕組みとは?

今まで正常だった血圧が、高くなるのは何故でしょうか?

 

高血圧の9割は生活習慣が原因で発症していると言われています。

 

体に悪い食事や喫煙など生活習慣が高血圧の主な原因となっているのです。

 

血液は全身の細胞へ酸素と栄養を送り届ける働きをしています。

 

心臓から送り出されると時は、動脈を通り、心臓に戻る時は静脈を通って全身を循環しています。

 

就寝時や安静時には、多くの酸素や栄養素を必要としないので血圧も平常ですが

 

活動時や興奮状態になると多くの酸素や栄養素を必要とするため

 

たくさんの血液を全身の細胞隅々に送るために圧力を高めるので血圧が上がるのです。

 

このように1日の中でも上昇と下降を繰り返しているのが正常な血圧の変動です。

 

体が必要としている酸素や栄養素を届けるために血圧か高くなるというのが正常な仕組みなのです。

高い状態が続くのが問題

なんの障害もなければ、血液はスムーズに流れているので心臓の負担は少ないのですが

 

血圧の高い状態が続くこと心臓の負担が大きくなり血管や臓器にダメージを与えてしまいます。

 

下がるべき時に血圧が高いままだったり、安静時にもかかわらず血圧が高くなったり

 

体内に何らかの異常事態が発生すると

 

高い状態が続き、下がらなくなるのです。

 

これが高血圧という病気です。

 

血圧が高い状態が続くと脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こしてしまいます。

 

血圧が高くなことが問題ではなく、高い状態が続くことが問題なのです。

高血圧の原因とは何でしょうか?

正常な状態でも血圧は高くなるのは、体が血液を必要としているからです。

 

しかし、高血圧は、高い状態が続いてしまいます。その原因は・・・

 

血液がスムーズに流れない!

 

血液の流れが悪くなれば、全身に血液を送るために心臓が圧力を上げている状態です。

 

起きている現象から見れば、以下のような問題点が考えられます。

  • 血管が細くなり血液が流れ難くなる
  • 血管が硬くなり血液が流れ難くなる
  • 血管が詰まり血液が流れ難くなる
  • 血液がドロドロになり流れが悪くなる
  • 血液の量が増え心臓に負担がかかる

 

また体の状態によって考えられる問題は・・・

  • 交感神経・・・活動時に血圧を高かめるよう指令を出す自律神経
  • 副交感神経・・・安静時に血圧を下げる指令を出す自律神経

自律神経のバランスが崩れるために血圧の調整機能がうまく働かないというケースもあります。

 

どうように血管の収縮や心臓に動きには、様々なホルモン分泌と関係しています。

 

塩分を水分を調整するホルモンのバランスが崩れても血圧の変動に影響を与えます。

 

このように高血圧を引き起こす主な原因があるのですが、この一つ一つを起こす更なる原因が沢山あるのです。

 

当サイトでは、高血圧の原因をすべて取り除くことを目的として、薬以外で血圧を下げる方法を紹介しています。